close

埼玉少年少女スポーツってどんな新聞?

●いつ発行されるの?
毎月第2、第4水曜日です。第5水曜日まである月は第3、第5水曜日発行です。

●少年少女って何年生のこと?
少年少女スポーツでは県内の小中学生を対象にしています。

●スポーツのことしか、のっていないの?
平成10年9月から絵画、音楽、書道などの文化面も新設されました。
スポーツに限らず、いろいろな分野で活躍するみんなを応援します。

●どうしたら読めるの?
埼玉少年少女スポーツは、埼玉県内で定期購読されている朝日新聞にもれなく折り込まれます。

- スポーツ面 -

第420号 1月28日発行

▷ 大井クッキーズ(女子)連覇 バレーボール

女子決勝の熱戦

県スポーツ少年団バレーボール大会 男子の関沢クラブは2年ぶりV
 【1月18日、さいたま市】埼玉県スポーツ少年団バレーボール交流大会兼第12回全国スポーツ少年団ボレーボール交流大会県予選会が1月12日から18日までさいたま市岩槻文化公園体育館で行われ、決勝女子は大井クッキーズがBAGUS(川口)を2─0で破り2連覇、昭和58年から数えて12度目の栄冠に輝いた。同男子は関沢クラブ(富士見)が2─0で岩槻ジュニア(さいたま)を下し2年ぶりの優勝を飾った。

▼女子決勝 エースふたり攻守で魅せた
 バグースの得点源である坂野のアタックを高いブロックで抑えつつ、小林と5年樋口の両エースがアタックを連取し中盤以降から引き離した大井クッキーズ。セッター徳田と小林の高速コンビネーションも良く、177センチの樋口は攻守で高さの持ち味を奮った。

▼男子決勝 エース澤田が見せた強アタック
 関沢クラブは、第2セットは高さのある澤田のアタックが小気味よく決まる得意の展開。セッターの松井と金光がそれぞれ長短のトスで振り分けるなど、多彩なトスを澤田が力強く打ち抜き得点を伸ばした。


▷ 埼玉クラブセレクトが初V サッカー

彩の国さいたまカップ新春少年サッカー大会 韓国サムホ小を振り切る
 【1月3日、さいたま市】県内外の18チームが参加し、第19回U―12彩の国さいたまカップ新春少年サッカー大会(朝日新聞埼玉少年少女スポーツほか後援)が1月2日から3日まで開催された。最終日は埼玉スタジアム第4グラウンドなどで順位別リーグと決勝が行われ、予選1位グループの決勝では、埼玉クラブセレクトグリーン(SCSG)が韓国・蔚山三湖小(ウルサン・サムホ小)を2―1で破り優勝を果たした。

▼SCSG高田が先制ゴール
 前半2分、SCSGはMF高田が右から角度のないシュートを決めて先制すると、同17分には右を突破したFW島崎が逆サイドに蹴り込み追加点を奪った。

前半17分、SCSGの島崎が追加点をあげる

〜おもなニュース〜

・久喜中が優勝
 加須うどんカップバスケットボール(1月12日、加須市民体育館)
・さいたま内谷中が5年ぶりV
 さくら草カップ中学女子ソフトボール
 (12月20日、さいたま市大久保中ソフトボール場ほか)
・6年は北野が優勝
 所沢市朝日カップ新春少年サッカー
 (1月12日、所沢市清進小学校グラウンド)
・志木中が優勝
 舛田杯中学校ソフトボール大会(12月26日、新座市営馬場球場)
・東川口とレッズが代表戦制す
 県ユース(U―13)サッカークラブ予選
 (1月18日、さいたま市荒川総合運動公園サッカー場ほか)
・浦和レッズ、坂戸ディプロ、大宮アルディージャ、HANが4強へ
 県クラブユースU─14サッカー
 (12月13日~1月17日、熊谷スポーツ文化公園ほか)
・新埼玉スポーツ列伝(24) 女子陸上の秋元恵美選手

【お知らせ】次号は2月11日(水)発行予定です。会長杯ミニバスケットボール大会や県クラブユースサッカーU-14などを掲載予定です。